『弥陀如来名号徳』断簡

親鸞聖人著『弥陀如来名号徳』断簡 ―我らの夜を破り、朝の光をあたえてくださる南無阿弥陀仏―

【原文】

……浄土論に あらはしたまへり いふ 諸仏咨嗟の 願に 大行あり 大行と いふは 無礙光仏の 御名を 称するなり この行 あまねく 一切の 行を 摂す 極速 円満せり かるかゆへに 大行と なつく このゆへに よく 衆生の 一切の無明を 破す また 煩悩を 具足せる われら 無礙光仏の 御ちかひを ふた こころなく 信するゆへに 無量光明土に いたるなり 光明土に いたれは 自然に 無量の徳を えしめ 広大の ひかりを 具足す 広大の 光を うるゆへに さまゝゝの さとりを ひらく也……

『弥陀如来名号徳』断簡

『弥陀如来名号徳』断簡

【現代語訳】

……〔そのことは〕『浄土論』に著されておられる。このように述べられている、〔阿弥陀仏の〕諸もろの仏に誉め讃えられる願い(第十七願)に大行がある。大行というのは無碍光仏(阿弥陀仏)の御名前を称えることである。この行いは全ての善き行いを摂めることが完全に成就している。だから「大いなる行い」と名づけられている。そのため、〔我々〕衆生の全ての闇を打ち破るのである。また、煩悩を身に具えている我々は、無碍光仏の尊い誓いを一心に信じるからこそ、無量の光ある明るい世界に到達するのである。光明の世界に到達すれば、自然と無量の光の功徳をあたえられ、広く大きな光を身に具えることとなる。広大な光〔のはたらき〕を得たために、我々はいろいろな事に関して〔新しい〕目覚めを開くのである。……

【解説】

親鸞聖人は88歳の時に、『弥陀如来名号徳』という短い聖教を書かれています。この本は長野の正行寺に不完全な一冊が伝わり、この上宮寺にはそれを補う断簡が残されているまぼろしの一冊です。

この著作は、阿弥陀如来の名号である「南無阿弥陀仏」のはたらきを、十二の光に喩えて門徒の人々のために解説したものです。十二の光とは『正信偈』の「普放無量無邊光(ふほうむりょうむへんこう)」から「超日月光照塵刹(ちょうにちがっこうしょうじんせ)」にあるもので、この断簡ではその四番目にあたる「無碍光」(碍(さわり)が無い光)について聖人が解説をされています。
阿弥陀如来とその国である浄土は、よく光に喩えられます。それは我々がいつでも暗闇の中で生活をしているからです。暗闇とは「見えない」、「わからない」ということです。どこにいるのかわからない、となりに人がいても気がつかないのが暗闇です。南無阿弥陀仏はそのような我々に、朝の光をあたえてくれる大きな行いでなのです。仏さまのことを「目覚めた人」と呼ぶのも、当にこのことです。だから親鸞聖人をはじめとする多くの諸仏たちは、南無阿弥陀仏を称えなさいと勧めて下さるのです。