折々のことば「今、いのちがあなたを生きている」

本日の『朝日新聞』朝刊、「折々のことば」に大谷派の言葉が取り上げられました。

今、いのちがあなたを生きている

真宗大谷派東本願寺

2011年に催された親鸞聖人の七百五十回御遠忌のテーマ。私が自らのいのちを生きるのではなく、いのちが私を生きていると考えるよう呼びかけた。これにふれて思い出したのが、臨床心理学を専攻する友人の、「身体こそ魂なのであって、魂という容れ物の中を〈私〉が出入りする」という謎めいた言葉。共通するのは、身体を「私の所有物」とする考えを斥けていること。(鷲田清一)

大谷派教団の標語なので、東本願寺を( )にくくってほしかったことや、まとめで「いのち」を「身体」に置き換えてしまう違和感を感じはしましたが、大谷派が広く社会に訴えたかった問題提起を受け取っておられるのは、ありがたいです。

カテゴリー: 副住職雑感