『児玉暁洋選集』刊行

『児玉暁洋選集』が刊行されました。
児玉暁洋(こだま ぎょうよう)先生は、私たちに親鸞聖人の教えを教えてくださった先生のお一人です。「教法からの呼びかけと状況からの問いかけが交差する、その一点に身を置く」が先生が常に仰っていた言葉で、このたびその先生の著作選集が刊行開始されました。私も編集のお手伝いをしています。

『選集』の最初として第1巻・2巻が配本されました。

第1巻は『いのちを喚ぶ声ー親鸞の宗教ー』
第2巻は『念仏が開く歴史と社会』
と題され、「念仏の感覚」というテーマが柱になっています。

注文は販売元、京都の法蔵館(℡075-343―0458)に連絡すればいいそうです。

カテゴリー: 副住職雑感