施設

本堂(ほんどう)

三河一の伽藍を誇った木造の本堂は1988(昭和63)年に焼失し、1996(平成8)年に21世紀を見すえて現本堂が再建されました。既存のお寺の形にとらわれないモダンさと同時に、仏教発祥の地であるインドの精舎形式をイメージしたデザインとなっています。

参拝席は椅子席で、車いすでの参詣もできます。明るく風通しのよい本堂はお葬式やお年忌の会場にも使えます。

庫裏(くり)

庫裏での法事

庫裏での法事

本堂と同時に再建された庫裏は畳敷き40畳の広い集会場が作られています。集会場にはご本尊も安置しており、こちらでのお葬式やお年忌も可能です。台所や長机もあるためご法事後に食事会場としても使用できます。

宝物殿(展示ギャラリー)

宝物殿(展示ギャラリー)

宝物殿

宝物殿は壁掛けと展示ケースが設えてあり、一部の壁は磁石も使用できます。個展や同好会の作品発表の会場として使用できます。

境内

如春尼墓地

如春尼墓地

境内は50台停められる駐車場があり、大型バスも停車可能です。

境内には一向一揆後の復興に尽力した妙春尼・妙怡尼親子の墓地や佐々木月樵の墓があります。焼失を免れた鐘楼は夏には平和の鐘を、暮れには除夜の鐘がつかれます。

納骨堂

納骨堂

納骨堂

本堂の奥にある納骨堂はご本尊を中心にロッカー形式の納骨壇が設けています。

納骨壇の使用は初めに権利金を払い、それ以降は年間の維持費をお願いしています。納骨に際しては日を取ってもらいお勤めをいし、普段のお参りは自由にできるようになっています。上宮寺門徒以外でも使用できますが、浄土真宗の納骨堂であることをご了承ください。

  • 権利金 1壇 15万円
  • 年間維持費 1,500円(毎年ご案内します)

墓園

墓園

墓園

本堂の横には墓園があります。

墓園は初めに区画分の権利金を払い、それ以降は年間の維持費をお願いしています。上宮寺門徒以外でも使用できますが、浄土真宗の墓園であることをご了承ください。

  • 権利金 1区画(間口1.2m×奥行き1.4m)50万円 ※区画をつなげての利用もできます。
  • 年間維持費 1,500円(毎年ご案内します)

 

 

 

総墓

総墓(そうばか)と呼ばれる共同のお墓もあります。総墓は権利金や維持費が必要のない、誰でも入られる共同墓です。永代供養をして納めていただきます。