カテゴリー: 教え

「経(きょう)」はブッダによって説かれたものを指します。単に仏教が説かれているだけではお経にはなりません。基本としてブッダが説いたものがお経とされ、敬われれます。そのため多くのお経は「仏説〇〇経」と題がつけられています。 …

お経(おきょう) Read More »

仏教の本尊である仏さまは、インドの言葉で「ブッダ」、それが漢字に写され「仏陀(ぶっだ)」となり、さらに略されて「仏(ぶつ)」と呼ばれます。 ブッダは「目が覚めた」というほどの意味で、もともとは人名ではありません。「怒って …

ブッダ(仏陀) Read More »

「南無阿弥陀仏」は、もとは「ナモー・アミタ・ブッダ」というインドの言葉で、それに漢字で音を当てたものです。ですから漢字自体に意味はありません。 「南無(ナモー)」は「(身を)かがめる」とか「服従する」という原意ですが、イ …

南無阿弥陀仏 Read More »

「涅槃にこそ、煩悩から解放された静かさと平安がある」、これが仏教の目標です。 「涅槃」は「ニッバーナ」・「ニルヴァーナ」というインドの言葉を漢字で音をあてたものです。ですから漢字自体には意味はありません。「火を消すこと」 …

涅槃寂静(ねはんじゃくじょう) Read More »

人生は苦しいが解決できないことはない 「人生は苦しい」、これが一切皆苦の教えです。 何か身も蓋もないようですが、この逃れられない事実から目をそらすな、という呼びかけがここにあります。もし人生を真面目に生きようとするなら、 …

一切皆苦(いっさいかいく) Read More »